ラニングフォームを分析してもらった

長野マラソンまであと少し、右膝に不安を抱えたままである。何とかならないかと思案。ランニングフォームを見なおしてみようと思い分析してもらうために東京のミズノへ行って来ました。モーションキャプチャーみたいなのでランニングフォームをコンピュータで分析してもらいました。
画像

結果、改善課題が山積。膝が左右にブレてたり、猫背だったり、重心が前過ぎたりなどなど。自分では見ることができないランニングフォームを客観的に分析してもらい、改善点が見出せたことは良かったです。
これって歯科のプラークコントロールと似てますね。何気なくしているブラッシングも客観的に分析してもらうことでプラークコントロールが出来ているかどうかわかります。検査したプラークコントロールレコードを見せると大概の人は上手に歯磨きできていないことに驚いてますね。それだけ自分で自分のことを分析できないということです。
話は脱線しましたが長野マラソンに向けて頑張ります。





いつまでも美味しく食べられるように歯を大切にしましょう。
長野県長野市 笠井歯科医院

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック